長時間のライブ配信で稼ぎたいのなら

ライブ動画配信を始めてすぐに稼げるようになる人もいれば、なかなか人に見て貰えない状態が続く人というのも少なくありません。
視聴者が殆どいない状態でライブ配信をするのは辛いのではないか、心が折れてしまうのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。そんな場合は、趣味を活かした長時間配信に挑戦をしてみると良いでしょう。

ライバーの稼ぎ方は人によって異なり、毎日配信をすることで知名度を高めていく人もいれば、長時間配信を行いファンを獲得していく人もいます。初心者には長時間配信は大変と考える人もいますが、好きなゲームの実況や物を作る手元を映していく形の配信であれば、無理なく長時間配信を行うことができます。

全く知らない人が、ただ長時間しゃべっているだけの配信に対し、興味を持つ人は少ないものです。
しかし、前々から関心を持っていたゲームや趣味を楽しんでいる配信であれば、興味を持って貰える可能性が高くなります。そのため、手軽にファンを増やしたいという場合は、共通の趣味を持つ人が興味を持ってくれそうな配信から始めてみると良いでしょう。

勿論、ゲーム実況などの形を選べば誰でもすぐに稼げるようになるとは限りません。稼げるようになるまで、何ヶ月もかかることも珍しくなものです。
ただ、プライベートでも楽しんでいたゲームを、ライブ配信という形に切り替えるだけであれば、無理なく続けていくことができます。そして、毎週末など定期的に長時間配信を行うようにすれば、徐々にファンが増え、配信の度にまとまった金額を稼ぐことができるようになるでしょう。

ライバーで稼げるようになったら、しておいて損がないのが個人事業主として開業届を出しておくことです。普通に確定申告を行うか、個人事業主として青色申告をするかによって、控除できる金額が大きく変わってくることになります。税金は、最終的な手取りに大きな影響を与えるものなので、節税が可能であればしっかりと対策をしておいて損がありません。

ライブ配信で個人事業主は大げさと考える人もいますが、ファンが多いライバーになれば、社会人の平均月収をはるかに超える金額も手軽に稼げるようになります。
ライバーとしての活動を始めた時点で、確定申告をしっかりと意識しておけば、経費として落とせそうな費用の領収書をしっかり残しておくなどの、節税対策ができます。
そのため、ライバーとして活動を始める際には、確定申告が必要になっても対応できるように、準備をしておくことがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました